オンラインキャッシングも消費者金融の常識

24 1月

消費者金融や銀行をパートが利用するには

Posted in お金 on 24.01.15

正規雇用ではないパートをしていてもキャッシングができるのをご存じでしたか?
キャッシングが利用できる条件として決められているのが、20歳以上でおおよそ65歳くらいまでで安定した収入があることが条件になっていることから正規雇用の社員のように毎月決まった収入がなければ駄目、と思ってキャッシングをあきらめているかたもおられると思いますが、安定した収入のなかにパート代も含まれるので、消費者金融や銀行カードローンを使ってキャッシングする事が可能です。
ただ消費者金融は貸金業法の総量規制の対象になるため、融資限度は年収の3分の1以内ときめられており、たとえばパート代の年収が100万円とすると融資限度額の約30万円までは融資を受けられますが、初回の申込をしたときの限度額は低くおさえられるので、あまり多くの借入は期待できません。毎月の返済を問題なく続けていればやがて増額融資も可能になるので増額融資を続ければ限度額を30万円近くまで上げられます。
融資を受けるためには審査を受けなければなりませんが、審査で重要視するところのひとつに勤続年数があげられます。
、同じパート先での勤務年数が長ければ安定した収入が有るとみられ、信用度もあることで融資が受けられる可能性が高くなりますが、反対に長く続かず、パートを転々と変えている場合は、こんどいつ辞めるかわからないといったことから審査に通りにくくなると言われています。

パートやアルバイトに限らず、できるだけ同じところで長く勤めることが融資を受ける近道といえます。

tags:

No Comments »

Comments are closed.